体の異変に適した治療で、効率よく改善を進めよう

記事一覧

自覚症状がない

高脂血症は自覚症状がないので、悪化してから一気に体調不良に進んでしまうことがあります。深刻化する前に日常生活から、野菜や魚を摂取して健康的な生活を送っておくようにしましょう。

詳細を見る

ホルモンが不安定

更年期を迎えた女性のほとんどが更年期障害の症状に悩まされています。個人によって症状の度合いが異なっておりますが、ホルモンバランスを整えていくことによって、症状を和らげることが出来ます。

詳細を見る

体の状態について把握

人間ドックを受けることによって、体の異変についていち早く把握することが出来ます。気になる内容に合わせて検査項目を選ぶことも可能なので、自分にあった検査を進めてもらうようにしましょう。

詳細を見る

鼻炎の症状

鼻炎はアレルギーが要因している場合があります。アレルギー性鼻炎に対応した治療を進めて行くことによって、これらの不快感を無くしていくことができるので、医師に相談を行っておきましょう。

詳細を見る

神経の状態について知る

自立神経失調症の治療は、内服薬によって進められていくことがほとんどになっています。決められたタイミングで摂取することが必要なので、医師の指示に従って進めて行くようにすると良いでしょう。

詳細を見る

血液をドロドロにする

高脂血症を放置しておくと、動脈硬化の原因になります。

高脂血症は脂質異常の症状のことで、脂質異常症や高コレステロール血症ともいわれます。血液中の脂質である、悪玉コレステロールや中性脂肪が増加する状態をいいます。ただし、善玉コレステロールが低い血症も脂質異常の症状になるので、最近は全部の症状を含めて脂質異常症と呼ぶようになりました。 高脂血症は、自覚症状がほとんどないのが特徴です。自分では判断できないので、定期的に健康診断を受け血液検査をすることが重要になります。 高脂血症を放置しておくと、増加した脂質が血管に溜まっていき、血流が悪くなったり血管そのものが傷ついてしまいます。やがて、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞につながっていきます。 高脂血症は、生活習慣の乱れや偏った食事などが原因になるといわれています。

生活習慣の見直しが、予防につながります。

高脂血症を予防するには、食事の改善と生活習慣の見直しがとても大事になります。 毎日の食事は、規則正しくバランスのとれた食品を摂取しましょう。ミネラルやビタミン、食物繊維を多く含む野菜や果物を積極的に摂ります。肉などの動物性脂肪は悪玉コレステロールを増やすので、大豆などの植物性脂肪や魚の脂を多く摂るようにします。暴飲暴食を避け、アルコールの飲み過ぎにも気を付けます。喫煙習慣のある人は、なるべくなら禁煙した方がいいです。 また、適度な運動も効果的です。特に、有酸素運動は脂肪燃焼効果があります。高血圧や肥満も高脂血症に関わりがあるので、それらの予防にも運動は続けることが望ましいです。 血液サラサラ効果があるサプリメントも多く出回っています。サプリメントの摂取も高脂血症を予防する手助けになります。

オススメリンク

↑ PAGE TOP